WE,CEVIANORI

京都丹波綾部の里に古くから伝えられた手織りと京都の和紙のもてる幽玄の味を
母なる由良川の「瀬」の「美」しさを生地に写しだし茶室横の「庵」で「織」り込む。

Brand

瀬美庵織は、京都府綾部市古来の京都の和紙で織り上げた耐水性のある紙織物。

日本古来の伝統工芸として、狂言師の故野村万之丞氏も魅せられ、舞台衣装に使用されるなど、その魅力は海外でも好評を得られています。
その風合いは年月が経つほど手にとった方の心により、一層離れられないものを感じていただけます。

ブランドヒストリ

Product

『瀬美庵織』は、耐久性に優れた和紙織物です。
生地の特徴として独自の技法で横糸に和紙を織り込んでおり耐久性に優れ、水に濡れても
破れにくい素材となっております。 気密性が低いので通気性が良く、防虫、脱臭、除菌、
防カビ抗菌効果により、50年後も変わらぬ風合いで使用が可能です。

Company

1976年 『瀬美庵織』 は800年の歴史「京都の和紙」から誕生しました。
庵主・梅原啓治氏によって「瀬美庵織」は産声をあげる。

40年の時を経て、庵主・淺田佑治がすべてを受け継ぎ2015年リブランド
してCEVIANORIを立ち上げる。

カンパニー
   

CONTACT

ご質問、ご不明点がございましたら、
メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

尚、お返事には2〜3日かかる場合がございますので
ご了承くださいませ。

お急ぎの方はお電話もしくは、
ファックスにてお問い合せください。